スポンサーリンク

リッツカールトン大阪のドレスコードは?カジュアルな服装でも大丈夫!

高級ホテル、リッツカールトン大阪へ行ってきました(^^)

憧れのリッツカールトン大阪に初めて行くので、どんな服装にしようか悩みました。

超高級ホテルなのでドレスコードがあるのかなぁと思いましたけど、ホテルの中に入るだけならカジュアルな服装でも大丈夫でした。

この記事では、私がリッツカールトン大阪に行ったときの体験談を書きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リッツカールトン大阪のドレスコード

リッツカールトン大阪の中に入ったり、宿泊する場合のドレスコードは特に指定されてませんでした。

レストランやレウンジでも、カジュアルな服装の人を見かけましたよ。

でも、リッツカールトン大阪の中にあるミシュラン1つ星フランス料理レストラン「ラ・ベ」にはドレスコードがありました。

以下のように書かれてました。

ドレスコード
ランチタイム:スマートカジュアル(男性のお客様のTシャツ、ハーフパンツ、トレーナー、ダメージジーンズ、サンダルなど軽装はお控えください。)

ディナータイム:エレガンススタイル(上記に加えポロシャツなどもお控えいただき、襟付きシャツまたはジャケットのご着用をお勧めしております。)

スマートカジュアルな服装なら大丈夫のようですね。

フォーマルな服装を少しカジュアルよりにしたような、きれいめカジュアルで良いと思います。

リッツカールトン大阪はトイレも豪華!

リッツカールトン大阪へ行ったとき、内装があまりにも美しくて感動したので、写真をたくさん撮りました。

この写真はトイレ、レストルームなんですよ!

リッツカールトン大阪のトイレ

この日は偶然にも、ベージュのトレンチコートを羽織っていたので、色合いがレストルームの雰囲気にぴったりハマりました(^^)

リッツカールトン大阪のレストルームの美しさに影響されて、自分の家でも

  • 洗面台にはできるだけ物を置かない
  • 鏡はピカピカに拭いておく

これだけでも真似してます(^^)

今の時期は洗面所が寒くて震えるから(笑)
ちょっとサボり気味だけどね。

リッツカールトン大阪の内装は、まるで美術館のようでした。家具や装飾品、絵画もフロアのいたるところに飾ってあります。

フラワーアレンジメントもセンスが良くて豪華!

花だけでなく花器も見応えがありました。

廊下の片隅に、アンティークな電話器がひっそりと飾ってありました。デザインとシックな色合いがおしゃれ~♪

アンティークな電話

静かなるオーラと存在感に心動かされました。
おしゃれな置物って見ているだけでテンション上がるわ♪

実は20代の頃から、こんな感じの置物を集めてました。骨董品屋さんで安い物を見つけて買ってたんです。

海外へ行ったときには、アンティークな小さな置物をお土産に買ってたなぁ。

たけど、40代の頃にほぼすべて断捨離しました。

私の家にアンティークな置物はあわない…と思ったから。

リッツカールトン大阪のような高級ホテルに飾ってある、豪華でおしゃれな装飾品を目に焼き付けたり、こうして写真を見るだけでも充分気持ちが上がりますね。

あとがき

ということで、リッツカールトン大阪に初めて行ってきました(^^)

ロビーやレストランには、ドレスコードは無くてカジュアルな服装でも大丈夫でしたよ。

私はロングスカートを履いてトレンチコートを羽織り、スマートカジュアルを意識したコーディネートで行ってきました。

 

トイレがあまりにも美しかったので、思わず自撮りしてしまいました。
誰もいなかったので、ひとりでこっそりと(笑)

まるでヨーロッパに旅行に来たような気持ちになって、テンション上がったw

影響を受けて自宅でも

  • 洗面台にはできるだけ物を置かない
  • 鏡はピカピカに拭く

これだけでも真似してやってます(^^)

リッツカールトンのような豪華でおしゃれなホテルが似合う女性になりたい!
と切に願います(^^)

最近は服もアクセサリーもバッグも、たくさん持ちたくない。
もっと減らしたいと思い始めました。

好きな物に囲まれて暮らす

ってことに憧れていたけど、もうそういう願望も歳を重ねるうちに薄れてきました。

今、私が欲しいのは

感動体験

ありふれた日常生活の中にある、心動かされる光景や何気ない出来事に感動したい。

素直に感じる心を養うために、感性を磨くことが大事だなって思う。

自分の心で感じた、良いことも悪いこともしっかりと受け止めて、なぜそう感じるのかを深く掘り下げて考えることで、感性は磨かれる。

私の感動体験を皆さんに伝えたいから、リアルに表現できる文章力も欲しい。

ってことで、やりたいことをマイペースで頑張ってます!

 

タイトルとURLをコピーしました