服装を後悔した…レストランひらまつのランチコーデを公開

おひとりさま50代アラカンのふみこです(^^)

おしゃれなイタリア料理のレストラン大阪梅田にある

「リストランテ ル・ミディ ひらまつ」
へランチに行った時の服装をアップします。

かっこよく決めてみたけれど、もっと女性らしい服装をすればよかったなぁと、ちょっぴり後悔しました。

服装を後悔…高級レストランでのランチコーデ

白シャツと9分丈パンツのコーデ

2月なのでまだ寒くて、何を着ようか迷ったのですがトップスは白いYシャツで、ボトムスにはグレードの9分丈のパンツを履きました。

このパンツは中心に折り目が入ったセンタープレスだから、きちんとした印象になります。

このYシャツはビッグサイズなので、インナーにハイゲージのVネックニットを着ています。

インナーのニットとブーティの色を黒に合わせました。

シルエットは、トップスは大きくボリューム感があって、ボトムスは細いYラインにしてます。

羽織っているのは、カーキ色のロングチェスターコートです。

女性らしくない服装かも…と後悔

この服装にした理由は、ファションロジック(R)中級コースの最後のランチセミナーだったので、同期の美女2人をエスコートしよう!

と思ったから、かっこよく決めてみました(^^)

けど…

他の皆が女性らしくて素敵な服装だったので、こんな格好でよかったのかなぁと思ってしまいました。

私の服装はスマートカジュアルなので、決して間違いではないけれど

女性らしさに欠けてたかも…と気分がちょっと落ち込んできました。

あなたもこれに似たような経験ありませんか?

お友達とおしゃれなレストランに行ったときに、着ていった服装がイマイチな気がして自分だけ浮いてるようで、食事や会話が楽しめなかった。

私は今まで何度もありましたよ(笑)

でも今回は、おしゃれな人になりたかったら

こんな経験も大事なんじゃないかなと思いました。

だから私は、そのときに感じたことを正直に書いておきたい。

おしゃれな高級レストランに行くと決まってから、何を着ようかあれこれ考えて、家で試着を繰り返しました(^^)

これはダメだなぁこっちがいいかなぁ

なんて一生懸命に自分で考えて決めた服装だから、やっぱり自分を褒めてあげよう♪

落ち込んだり悩んだり、行ったり来たりしながら、それでもまた前に進もうとがんばる自分が愛しい。

春らしい明るい色のベルトを買いました(^^)

白いベルト

これを選んだ理由は、バックルも革素材だから。

アクセサリーがゴールド、シルバー、どんな金具の色でも合わせられるからです♪

あとがき

私は、おしゃれは好きだけど、洋服そのものには執着がない。

ハイブランドは持ってないし、手持ち服の 6割はプチプラ(笑)

洋服にお金をかけない派。

でも、服に着られたくないし、流行のファションだって素敵に着こなしたい!

だから

  • 着こなし方のスキルを磨く
  • 洋服の似合う引き締まった身体を作る

これは灰になるまで続ける(^^)

タイトルとURLをコピーしました