パーソナルスタイリストの同行ショッピグを受けた本音の感想 その2

2015年7月に、パーソナルスタイリスト養成コースについている、スタイリングを受けました。
その時にブログに書いた、体験記まとめの後編です。

前編はこちら
パーソナルスタイリストの同行ショッピグを受けた本音の感想 その1

スポンサーリンク

感想 Part3~サイズ表記に惑わされない!

デニムのジーンズを試着している画像です。
私「ピチピチすぎる~」と言ってます(^_^;)

パーソナルスタイリスト
試着している様子

実は、
「もうジーパンは履かない!」
とアラフィフあたりから、心に決めてました。
理由は、男っぽく見えるから。

だから、デニムのジーンズを差し出された時は、
「うっ、似合わないのに・・・」
と思いながら試着。

履いてみると、パツンパツンでした。
鏡を見て、ヒップの横シワと太腿が気になりました。

でも、股上が浅めのローライズなので、動けないほど苦しくはありません。
胃を圧迫してないから、ご飯も余裕で食べられます(^^)

ただ、

見た目がパンパンなだけで拒否反応が。

横からも写真をとって私に見せながら、ピチピチじゃないと、説明してくださいました。

パーソナルスタイリスト
試着している様子

私は自分のことだけを考えて、あれこれ言ってますけど、
裏側ではパーソナルスタイリストの土居コウタロウ氏が、動きまわって下さっているのです。
感謝(泣)

不思議と写真を見ると、思うほどチピチじゃないかなぁ・・・と。

これは買っても着ないパターンかもと思いつつ、コウタロウ氏の言葉を信じて購入したら、毎日のように大活躍してます(^^)

このジーンズをボリュームのある、ゆるトップスに合わせると、おしゃれ感がアップします。

ピチピチの状態にも慣れて、気にならなくなりました。
今までは、ゆとりのあるジーンズを履いていたから、男っぽくなってたんですね。

それから、心の奥底では、ジーンズが履きたかったんだなぁ~と、解りました。

そう言えば、20代の頃、映画プリティーウーマンのジュリア・ロバーツにあこがれて、紺ブレにジーンズ履いて喜んでた。

「~は、似合わないから、絶対に着ない!」
と決めている服って、心の奥では着たい服なのかもしれないですよ?

今回のショッピング同行アドバイスで得たことは、

服のサイズ表記なんてあてにならない

ということです。

メタボ検診で測った時、私のウエストは74cmもありました。
太腿も、ふくらはぎも普通の女性より太いです。
(肩幅だって男性並みに広いし、胸板も厚い。)

なのに、Mサイズがジャストフィットだったのです。
だから、服のサイズ表記に惑わされてはいけないのです。

身体が大きいので、9号サイズは避けてました。

でも、コウタロウ氏のお陰で、デザインによっては、ジャストサイズであることが解りました。

結局、私のサイズは9号も13号もあり!
自分の身体が少しでもキレイに見えたら、それがジャストサイズなのです。

サイズ表記に惑わされずに、大きいサイズも小さいサイズも、ひたすら試着あるのみ。

洋服に合わせてダイエットするよりも、今の自分を素敵に見せる服を探すほうが、

痩せます(^^)
試着って、体育会系でハードですからね。

あなたは、そのままで素敵です♪

服のサイズ表記なんて気にしないで、好きな服を探しに Let’s go !

スポンサーリンク

スタイリングを終えて、今思うこと

ショピング同行アドバイスの体験記、まとめに入ります。

この画像は、スタイリングを受ける日のコーデ。
何を着ようか迷った挙句、試着がしやすい服にしました(^_^;)
Tシャツと白い綿パンに、スカーフを巻いてます。

これはこれで良い、と言ってもらえたので嬉しかった♪

パーソナルスタイリスト
自前のコーディネートです。

さて早いもので、

パーソナルスタイリストの土居コウタロウ氏に、スタイリングを受けてから約1ヶ月が経ちました。

当日から1週間ぐらいは、気持ちが高まって熱くなってましたけど、今はすっかり落ち着きました。

結局、元のスタイリングに戻ってしまった・・・
というのではなくて、定着したような感じです。

そして、おしゃれって楽しい♪
と心から思えるようになりました。

今まで、人に服を選んでもらうなんて、考えもしませんでした。

服は自分で選ぶもの

という思い込みがありました。

「自分のことは、自分が一番わかってるんだ!」
と意地になってたのかも。

もしもまだ、服は自分で選ぶんだと頑張っていたら、今の私はいないわけです。
ゾッとします(^_^;)

パーソナルスタイリスト
試着している様子

スタイリストさんに服を選んでもらうって、テレビ番組にあるような、
劇的ビフォーアフターをイメージしていませんか?

家族や友達から、
「違う人みたい!」
なんて言われるようなイメージチェンジですね。

私は、そんな仮面ライダーみたいな?
「変身」は望んでいませんでした。

長年にわたり、
女性らしくおしゃれするのが恥ずかしい。
という気持ちを隠し持っていた私。

だから、ゆっくり変わりたい。
誰にも気づかれないように、そっと・・・。

普通の服を着てるのにおしゃれな人。

そんな風になりたかったのです。
ブログのタイトル通り、がんばらないコーデが理想。

毎日、結婚式とか同窓会があるわけでなし、近くのショピングセンターをウロチョロする生活。
たまに、友達と映画を観たりランチするだけ。

でもそんな普通の毎日でも、ちょっとおしゃれして、気分を明るくしたい。
そんな思いがありました。

パーソナルスタイリスト
試着している様子

今回、パーソナルスタイリストの土居コウタロウ氏に選んでもらった服は、試着した時、

着て帰ってもいいですか?

と言ってしまったほど、すぐに自分に溶け込むようなコーデでした。
購入した服は、タンスの肥やしになることはなく、毎日のように着ています。

友人から
「なんか・・・、雰囲気いいね。」
と、そんな涼しい感じの反応がありました。

正直に言うと、服を褒められたのではなくて、私自身を褒めてくれました。
嬉しかったです。

いかにも、プロのスタイリングというのではなくて、まるで自分で選んでコーディネートしたかのように見える。
服を褒められるのでなくて、その人自身が褒められる

でも、その裏側にはしっかりとした「理論」があることを知りました。

そんなコーディネートを、提案できるようになりたくて、パーソナルスタイリスト基礎力養成コースで、私も学び始めました。
ただ、似合う服を探して提案するだけではなくて、その人自身が魅力的に輝くために、サポートできるパーソナルスタイリストになるのが夢です。

シンプルだけど、華のあるコーデを実現させるには、自分の内面と向きあう必要があります。

服の選び方で、コンプレックスは魅力に変わる。
これに気づいたら、内面から輝きはじめますよ
(^^)v

編集後記

2015年7月の
1回目のスタイリングを受けた感想は、これにて終了です。

今読み返してみると抵抗感がありながらも、チャレンジした自分を誉めてあげたくなりました。
そして何より、パーソナルスタイリストの土居コウタロウ氏が、一生懸命に説得してくれたことに、感謝の気持ちが湧き出てきます。

次は、2回目の秋冬バージョンの体験記へと進みます。
さらに飛躍したファッションをお楽しみください(笑)

(準備中です)

スポンサーリンク

コメントを残す